大人のにきびの解決策は

4月 5th, 2013

20代半ばの社会人の女性ですが、ストレスが原因でにきびができてしまうことがよくありました。
にきびができてしまうと本当にファンデーションで一時的にごまかすようにはしているのですが、ファンデーションを塗った上からでも凸凹しているのでにきびができているのがはっきりわかってしまうこともあるのでできてしまうと早く治したいと思うのですが、化粧ノリも肌のコンディションが悪くなっているだけでファンデーションも塗りにくいです。

深刻な大人にきび

大人のにきびの悩みの解決策は塗り薬と洗顔をするくらいしか知らなかったのですが、友達からのアドバイスで美容皮膚科へ行くことにしました。
ひどくなるとにきび面になってしまい、もう大人なので吹き出物と呼ばれるようになり、思春期のときのように青春のシンボルと言う言葉でごまかせるようなものでもありませんでした。
ストレスがたまるとできるので原因が心因性なものであることははっきりしていたのですが、心がナイーブだったのです。

職場の環境が少し変わってしまうだけでも精神的に心身ともに影響がでてしまうのですが、特に身体のほうに影響がでてきてしまうというのが私の場合、心はいくら自分自身、強くもっていても身体だけは正直なものだったのです。
美容皮膚科で治療をすることが可能だということだったのですが、それを聞いて治るのだということに少しだけ気が楽になりました。
最近は外出時はにきびを気にしてマスクをするようにしていただけに心がほぐれたのです。

顔のにきびの治療をする

4月 5th, 2013

中学、高校生くらいになると、さまざまな悩みを抱えるようになりますね。
それまでのように、子どもらしく、大人の言うことを素直に聞けなくなります。
自分の意見を持って、大人に反発するようになります。
反面、まだ自分で生きていく力がないため、大人の保護を求めなくてはならないというジレンマに苦しんだりしますね。
そうした思春期の心理は誰もが経験することと思います。
悩み苦しみながら、次第に自分の生き方を見つけ、自立していくのかも知れません。

にきびを解決するには

また思春期には、異性にも興味を持ったりしますね。
恋愛をして彼女や彼氏を作る人も多いでしょう。
相手が自分をどう思っているか、嫌われたらどうしようなどと、思い煩ったりします。
どの程度の関係を持つか、など悩んだりするかもしれませんね。
そうした中から相手への思いやりや、自分を大切にする気持ちを学んだりできれば良いですね。
体も次第に大人に近づき、とまっどったり、自分は人と違うのではないか、などと不安になったりもするかもしれません。

そうした不安なとき、一人で悩んでいるより、誰かに相談できれば気持ちも楽になるかもしれないですね。
場合によっては病院に行って見るのもいいかもしれません。
案外すぐに解決する問題かもしれないですし。
でもなかなか、プライドがあったり、変に思われたらどうしようなどと考えて、相談できないこともあるかもしれません。
時間が解決してくれることもあるかもしれないですね。
また、思春期は、肌に吹き出物やにきびなどができやすい時期でもありますね。
適切な洗顔などを心がけると良いようです。

にきびの予防方法について

4月 5th, 2013

にきびの一番の予防法は、正しいスキンケアです。
にきびの原因は、毛穴のふさがり・汚れになります。
正しい洗顔によってふさがっている毛穴の汚れや皮脂・角質を取り除いていくことが効果的です。
毛穴の汚れを取ろうとついついゴシゴシ洗ったり強く洗いがちですが、そうしますと角質層が厚くなり毛穴がふさがってしまいにきびになってしまいます。
泡を立てて肌を包み込み力をいれずに泡全体で優しく洗いすすぎのこしがないようにしていきましょう。

正しいスキンケア

洗顔後や、化粧水で水分補給を行います。
水分をしっかりと補うことにより肌表面の角質層がやわらかくなり、毛穴がふさがりにくい肌になっていきます。
肌表面の水分が少ないと皮脂が過剰に分泌されてにきびができやすくなってしまいますので水分補給はとても大事になってきます。
化粧水のあとに、乳液を補うことにより水分の蒸発を防ぎます。
肌の乾燥は、にきびのできやすい肌になってしまいまうすのでしっかりと乳液で油分を補い肌を整えていきましょう。

正しいスキンケアで、にきびの予防はできますが自分自身の生活習慣が乱れていては肌のトラブルにもなっていきます。
3食しっかりと食事をとり和食中心が良いでしょう。
また、しっかりと睡眠をとることにより新陳代謝も活発になります。
ストレスが原因となることもあります。
皮膚の機能低下がお肌の機能低下にもなります。
体を動かしたり汗をかくことによりトラブル予防にもなります。
これらの正しいスキンケアと生活習慣を両立してにきび予防となります。

にきびの原因について

4月 5th, 2013

にきびが出来てしまう原因は、毛穴に滞在するアクネ菌が元となっています。
汚れや皮脂が炎症をおこしにきびとなります。
できることなら、にきびは無い方がいいと誰でもそう考えるはずです。
にきびは悪化してしまいますと、人前に出るのも恥ずかしい状況になってしまいます。
放っておくと、クレーターとなり痕が残ってしまい一層に治りづらくなってしまうでしょう。
そうならないためには、対策を行い肌質改善をしていかなければなりません。



にきびの予防法

予防法として、規則正しい生活を送ることが大事になります。
食事は、和食中心の食生活を心がけると良いでしょう。
動物性の脂肪中心の食事を減らしていきましょう。
ストレスは、にきびは最大の敵となりますのでストレス発散できる打ち込めるものを探すのも良いでしょう。
息抜きをしながらやっていくことで継続することができます。
また、間違ったスキンケアをしているとそれもにきびとなっていきます。
一人ひとり、肌というものは違いますので自分に合っているものを選んでいかなければなりません。

にきびを防いでいくには、正しいスキンケアをこまめに行い肌を清潔に保つことが大切です。
洗顔によってふさがっている余分な皮脂や角質を取り除いていかなければなりません。
洗顔時は、汚れを取ろうとしてゴシゴシと洗いたくなりますが肌を傷めるだけではなく毛穴もふさいでしまいますので正しい洗顔方法で優しく洗い丁寧にすすぐことも予防につながります。
洗顔後は、たっぷりと肌に水分補給を行うことにより角質層がやわらかくなりにきびを防いでくれます。